横浜でマンションの大規模修繕を初めて経験しました

大規模修繕工事の経験を次回の時に活かす

日中はお互いが仕事に行っているので、大規模修繕がどのようなものなのか分かっていませんでした。
けれどたまたま仕事が休みの日があり、在宅していた時になかなか大変だということが分かりました。
まず工事の音が気になることと、塗料の匂いも気になります。
赤ちゃんや病人がいる場合は、これでは家にいられないと思う程でした。
たまたま音や匂いが気になる日に在宅していたのかもしれませんが、毎日家にいる人はストレスが溜まるだろうと感じました。
洗濯物を外に干すことも出来ない日々が続きましたが、これも夫婦二人なので洗濯物の量も少ないので困りませんでした。
逆に子どもがいる家庭は洗濯物については困ったはずです。
大規模修繕は必要なこととは言え、家庭によっては期間中大変な思いをしたのだろうなと想像することが出来ます。
また10年ほど経過すると大規模修繕が巡って来るはずですので、この経験を生かして次に備えておくつもりです。
初めての経験で色々と勉強になりました。

子供が独立して一戸建てからマンションへ住み替え入居3年目に築10年の大規模修繕工事が始まる大規模修繕工事の経験を次回の時に活かす